Omiaiに登録している男性職業別 アプローチ方法 (サラリーマン編)

Omiaiに登録している男性職業別 アプローチ方法 (サラリーマン編)

 

Omiaiには、様々な職業の男性が登録しています。

 

それこそ、一般的な職業から少し特殊な職業まで様々です。

 

しかし、将来を見据えたお付き合いをする上で、大事な点が「男性の職業」です。

 

でも、女性から「気に入った職業別」で「どうアピールしたら良いの?」と不安になられる女性は数多くいると思います。

 

こちらでは、そんな悩みを解決するため「職業別でのアピール方法」をレクチャーできればと考えています。

 

是非、ご参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

1.サラリーマンの男性にはこういったプロフィールがオススメ

 

 

 

 

サラリーマンの男性には、どんなアプローチが良いのか?

 

ここで、ターゲットにするのは「ごく一般的なサラリーマン」から「大手企業のサラリーマン」です。(因みに大手企業とは、広告代理店などを例にお考えください)

 

では、サラリーマンの男性はどんな女性のプロフィールにグッと来るのでしょうか?

 

まず、プロフィール詳細で言うなら「非喫煙者」と言う条件は大事です。

 

ただ、たまに「お酒は飲めない」にしてる人がいますが、意外とこれも「正解」です。

 

「お酒が飲めない女性」は意外と男性に人気があります。

 

理由は、「私生活が乱れていない」と取られるようです。

 

逆に「お酒をすごい飲む方」は「だらしない人」と取られる可能性があります。

 

勿論、「飲み友達」という枠で言うなら好印象でしょう。

 

しかし、「婚活」や「真面目な出会い」という枠で言うのであれば、あまり良いとは言えません。

 

理由は、「遊び友達をアプリで募集」してるわけではないからです。(特にOmiaiはかなり真剣な人ばかりです。)

 

アプリ内で、私が見たところ9割ほどのサラリーマンの男性(一般のサラリーマンと大手企業のサラリーマン両方共)が「非喫煙者」で7割弱が「お酒をそこまで飲まない女性」を求めてました。

 

時代も今や、禁煙ブーム。

 

そして、「昭和の女性」が再ブームになっている様子です。(理由は、近年女性も男性と同じくらい稼ぎ、「気の強い女性が増えたため」だと言われています。)

 

そういった部分も、もしかするOmiai内で自然と現れているのかも知れません。(所謂、本気で出会いたい方は、その時代のブームに少し乗った方が確実だと言う事です。)

 

もし、「喫煙者の方」や「お酒を沢山飲まれる方」は、プロフィール内の項目を「未記入」にしておいてください。

 

そうすれば、そこまで気にする男性はいません。

 

もし、聞かれれば答えたら良いのです。(「聞かれるチャンスを待つ」のも大事な「確実に出会うための戦略」の1つです。)

 

 

次に、プロフィールの詳細の書き方です。

 

一番、プロフィールの詳細で大事なのが自己紹介文です。

 

では、実際自己紹介文は何を書けば良いか?

 

まずは、書いてはダメな事を教えます。

 

1.恋多きアピールは控えてください。

 

理由は、ここで「私はモテるアピール」はいらないからです。

 

既に、アプリを入れてる時点で「恋活」や「真面目な出会い」においては同じスタートラインだからです。

 

そこで、「自分の価値を上げよう」と「モテるアピール」をした所で相手にされません。

 

逆に、「遊んでる人」とか「軽い人」と言う類のイメージを男性から付けられてしまいます。

 

それどころか、「マッチングしても真剣な恋の相手と見られない」場合もあります。

 

簡単な話が、「ネガティブ要素のオンパレード」になるわけです。

 

なので、「惚れやすい」とか「普段彼氏いそうに見られます」などの文章は、絶対に控えて下さい。

 

2.もし「バツイチ」であった場合、文章にあまり「好き嫌い」は書かないようにしてください。

 

理由は、「恋活」や「真面目な出会い」をするサイト内で、「バツイチ」の方は多いはずです。

 

勿論、「男性でバツイチ」の方も多いです。

 

しかし、そんな中「私は少しわがままですが許してくれる方」とか「掃除が嫌いです」とか「料理は基本しません」などと書いてる方が実際にいます。

 

男性からすると、「この人なんでバツイチになったか理解できてないのかな?」と鼻で笑われてしまいます。(特に、バツが付いていない男性からは尚更です。)

 

「婚活」や「真面目な出会い」を求めるサイトでは、登録している男性も「かなり真剣」です。

 

所謂、「将来を見据えたお付き合いを希望する方」ばかりです。

 

なのに、「私はこれが嫌だ」とか「私は、こうだ」とか「ネガティブ要素」を書いた女性のアプローチを男性は良いと受けとるでしょうか?

 

絶対に、「NO」なはずです。

 

常識的に考えて、そんな方と「未来を一緒に見たい」と思われるわけありません。

 

なので、もし出来ない事とかあるのであれば、それは実際にマッチングして会った時に「少しづつ男性に伝えていく」ようにしましょう。

 

そもそも、「一般のサラリーマン」にしても「一流企業で働くサラリーマン」にしても同じ人間です。

 

当たり前の話ですが、「好き嫌いが激し過ぎる人」には絶対になびかないです。(女性も同じだと思います。)

 

逆に、「面倒」と思われて終わりです。

 

もし、「好き嫌い」をお伝えするのが「我慢できない」のであれば、せめて「マッチング後」まで耐えて下さい。

 

3.最初のデート費用は、「全て相手持ち」とは書かないで下さい。

 

これは、完全に「常識部分」です。

 

そもそも、初めてデートする方に最初から「デート代は貴方持ち」なんて態度自体いかがなものかと私は感じます。

 

男性からすると、結果「デートでお支払いが男性」になってもそれは許容範囲のはずです。

 

しかし、デート前から「財布は出しません」的なプロフィールを書いておくと「謙虚さが足りない」とか「常識がない」と間違いなく取られます。

 

そんな、「常識」や「謙虚さ」がない女性に男性はなびくでしょうか?

 

サラリーマンの世界は、「社会の常識」をかなり重んじる世界です。

 

だからこそ、そう言った「細かいこと」かも知れませんが「一つの判断ミス」が相手に「悪い印象」を与えかねないのです。

 

そもそも、「婚活」や「真面目な出会い」を提供するOmiaiは「女性は無料」です。

 

しかし、「男性は有料」です。

 

既にこの時点で、「フェア」ではありません。

 

男性は、お金を支払い「1通目以降、初めて女性とメッセージのやり取り」ができます。

 

男性側は、そういう仕組みです。

 

なので、もし「マッチング後にデートをする事が出来た」としても「女性から支払いを求める男性」はまずいません。

 

理由は、「男性側は、見栄を張り女性によく思われよう」と「努力」するからです。

 

なので、わざわざプロフィールに書く必要がないのです。

 

逆に、「初回のデート費は全て相手が持つ」と書いておくと「ガツガツし過ぎ」と取られて終わりです。

 

しかし、ここを「割り勘」や「相手と相談して決める」にしておけば、相手の男性からは「よくできた人」と好印象を与える事が出来ます。(ある意味、この項目に関しては、「アプリ側のトラップ」と考えた方が良いと思います。)

 

そういった、「小さいジャブ」が「婚活」や「真剣な出会い」をするアプリ内のプロフィールでは大事なのです。

 

4.もし太っていても太めには記入しないで下さい。

 

「女性が太っている」と「ダメ」というわけではありません。

 

男性にも色々好みがあります。

 

しかし、時代の流れでどうしても太ってる方は「食生活がだらしない」や「私生活が不摂生」と取られやすいのです。

 

勿論、「太ってる方が好き」な男性も沢山います。

 

あくまで、私が言ってるのは相手に与える「印象」です。

 

例をあげるなら以下の文章はどうでしょうか?

 

「私は、太っています。しかし、体を動かす事が好きなのでジムなどに行ったりして運動してます。」

 

的な、「健康アピール」や「ポジティブアピール」をすれば相手には「好印象」なはずです。(もし、ジムに行っていなくても「休日は散歩などして汗を流すのが好きです。」的な文章でも良いと思います。)

 

ただ、「運動」や「歩いたりなど全くリアルでしてない人」に関しては、ここの部分を「未記入」にしても良いと思います。

 

理由は、男性からそこ突っ込まれても嫌だと思います。

 

かと言って、女性側も「自分から説明するのは嫌」なはずです。

 

なら、「未記入」が良いのです。

 

勿論、痩せてる方がスリムと記入するのは良いです。

 

所謂、「健康的」と「取られるか取られないか?」が「重要」なのです。

 

「会う前から体の心配」を男性側からされると、「プライドに傷つく」はずです。

 

色々な事を想定した場合「未記入」が「一番妥当」なわけです。

 

5.プロフィール内の自己紹介で、「友達が欲しい」とか「友達から求めてます」など「少し上から目線の内容」は控えて下さい。

 

サラリーマンの男性(特に大手企業の男性)は、日々の生活でかなりストレスが溜まっているようです。

 

そんな中、「婚活」や「真剣な出会い」をする場で「友達が欲しい」とか「友達から求めてます」など、人脈作りにも見えるこの発言。

 

「友達が欲しい」のであればわざわざ「男性が、お金を支払ってまでアプリをする必要がありますか?」という話になります。

 

そういう部分で、かなりストレスに感じるようです。

 

なので、口が裂けても「友達募集」なんて書かない方が良いです。

 

Omiaiは、あくまで「婚活」や「真剣な出会い」をする場です。

 

「知り合いを増やす場」ではありません。

 

確かに、男性からすると月額料金を払って「なんで友達作りをしないと行けないの?」となるのは当たり前の話です。

 

その点、「女性は無料」だからそういう発言ができるのでは?と取られたりします。

 

確かに、男性からすると「上から目線」と取られて当たり前ですね。

 

正直、こういうプロフィールを書いてる女性は、「素敵な男性からのいいね」はほぼきません。

 

当たり前の話です。

 

「プロフィールの記載で気をつける点」は以上です。

 

上記5項目を、しっかり気をつければ、サラリーマンにアプローチをうまくかけていけるはずです。

 

そして、それが自然とマッチング率アップに繋がるはずです。

 

是非、試してみてください。

 

2.どんな画像を載せれば良いか?

 

サラリーマンの男性にウケる写真は非常にシンプルです。

 

それは、そこまで派手な写真にしない事です。

 

ただ、それだけです。

 

しかし、女性の中には「景色の写真」や「旅行先の写真」や「ペットの写真」をメインに載せる方がいます。

 

それは、できるだけ避けてください。

 

理由は、男性からすると、あなたのブログを読んでるわけではありません。

 

あくまで、「婚活」や「真剣な出会い」が目的でアプリに登録しています。

 

にも関わらず、「あなた自身が知れない写真」をいくつも載せていても「無意味」だと言う事です。

 

それこそ、「この女性は、どれだけ自分の事が好きなんだろ?」と男性側からネガティブに取られる可能性が非常に高いです。

 

よく、アイドルがインスタで自撮りを載せまくって突っ込まれているのと同じ光景になるという事です。

 

それに、他社であれば、画像を沢山載せれるのである程度無駄に自分以外の写真を載せていても問題ありません。

 

自分が一枚でも写っていればなんとか誤魔化しは効きます。

 

 

しかし、Omiaiに関しては、メインを入れて僅か4枚しか載せれません。

 

そのため、無駄な写真を載せるとかえって目立ってしまうのです。

 

なので、少しベターではありますが出来るだけ4枚全て自分が写っている写真にして下さい。

 

載せ方として、メインは正面写真。

 

そして、残りのサブ写真3枚は楽しそうにしてる画像が良いです。

 

勿論、本人が写っていればペットとの写真でもOKです。

 

Omiaiに関しては「本人が絶対写ってる事」が大事な条件になります。

 

それも、真面目なサラリーマンが相手ともなると尚更です。

 

これを、することによりより「あなたがどれだけ誠実か!」という事を相手にアピールする事が出来ます。

 

サラリーマンの男性は、日々の生活で少しストレスを抱えてる人が多いです。

 

基本的に、サラリーマンの男性は朝会社に出社し夜帰宅するの繰り返しです。

 

これが、一般的なサラリーマンの男性の毎日です。

 

これが、一流企業になると会社の付き合いなどが毎日のようにあります。

 

そこでは、お酒などで体を壊してヘトヘトの中毎日帰宅してるのです。

 

大変な、お仕事です。

 

そこに、どうでしょうか?

 

毎日、「出会いのない仕事オンリーの疲れたサラリーマン」があなたの写真を見たら「彼女に癒してほしい」と思うのではないでしょうか。

 

「結婚して疲れた自分を癒してほしい」と思うのではないでしょうか。

 

そう言った「少し心の隙間を埋めてくれる女性」にサラリーマンの男性は弱いのです。

 

写真中で、あなたの笑顔を見て「どんな女性か?」と知る事もできるはずです。

 

そもそも、「日々の生活から解放されたい」と思ってるサラリーマンの男性は8割を超えるのではないでしょうか。

 

一番、大事なのは「あなたがどんな女性」で「どう楽しく写ってるか」が重要です。

 

そこに、サラリーマンの男性は惹かれるのです。

 

例えば、ディズニーランドで遊んでる写真を撮ったりお洒落なカフェで食事をしてる光景などでも良いんです。

 

あなたが、楽しそうにしっかり写っていれば良いのです。(あくまでサブ写真の話です。メインは、しっかり正面写真を載せてください。)

 

少し極端ですが、そういうイメージです。

 

あと、サラリーマンは夜お酒を飲んでる事が多いので「少し可愛らしい写真」に弱いです。

 

理由は、写真を見て日々の疲れから現実逃避を考える人が多いからです。

 

なので、女性の写真を見て「結婚したい」と思わせたり「彼女がほしい」と思わせれば勝ちなのでそういう「少し興味を持たせる写真」を載せるのも効果的だと言えます。(例えば、一枚だけ料理の写真を載せるのも良いかも知れません。ただその場合でも、出来るだけ本人が少し写ってるとなお良いです。)

 

 

 

3.サラリーマンの男性にアプローチをかけるオススメの時間帯

 

 

サラリーマンの男性は、基本的に朝9時出勤で夜18時から19時で仕事が終わりのはずです。

 

勿論、中には夜23時くらいまで仕事してる人もいますが一般的には上記の時間帯くらいです。

 

では、何時くらいがアプローチするのに最適なのか?

 

大体、夜の22時〜23時が狙い目です。

 

理由は、この時間帯が帰宅後シャワーなど浴びて携帯をいじる時間帯だからです。

 

所謂、一番サラリーマンの男性が一番くつろぐ時間帯というわけです。

 

勿論、夜遅くなるサラリーマンの男性もいますが大半がこの時間帯が狙い目だとお考えください。

 

大体、この時間にお風呂に入り一息いれる方が大半です。

 

この時間帯のサラリーマンの男性は、大体「携帯をいじっているか」「テレビを見ながら晩酌しているか」「友達とラインをしているか」のどれかです。(私が実際に男性を調査した結果これです。)

 

 

なので、この時間帯以外アプローチする時間帯はないくらいラッキータイムになります。(サラリーマンの男性は、朝早いのでこの時間帯を過ぎると寝てしまうので時間帯は間違えないようにしてください。)

 

毎日の激務から終わった後、男性は間違いなく一人で寂しいと感じてます。

 

そんな時は、あなたがメッセージを送るとどう感じるでしょうか?

 

間違いなく飛びつくと思いませんか?

 

確かに、女性からしたら「少し心理をついているようで嫌だ」と思われる方も少なからずいるかも知れません。

 

でも、入り口がどうであれ最終的に相手の心をしっかり掴めば良いわけです。

 

それよりも、一番ダメなのが何も行動しない事です。

 

そして、「あの時間帯にメッセージを送っておけば良かった」という後悔です。

 

私は、周りの女性友達にいつも言うセリフがあります。

 

それは、「やらない後悔」よりも「やった後悔」の方が必ず報われる。

 

これは、私の中では絶対的な大事な要素だと思っています。

 

是非、上記の時間帯にアプローチしてみてください。

 

いいねの数が多い「人気のある男性」にアプローチするなら尚更、有利に事を進めた方が良いはずです。

 

後、付け足しにはなりますが、朝一の通勤の時間帯なんかもオススメです。

 

上記の時間帯と通勤の時間帯に、「いいね」や「マッチング後のメッセージ」を送るとかなり良い流れでマッチングし連絡先交換まで時間をかけずに出会えるはずです。

 

是非、おためしください。

 

4.サラリーマンの男性にアプローチかける曜日はどこが良い?

 

これは、断然休日です。

 

とにかくサラリーマンの男性は週末しか休みがありません。

 

なので、もし平日にアプローチをかけるなら上記の時間帯にジャブを打ちそして、何か行動を起こす場合は週末が良いです。

 

貴重な休みに一人暇している=アプリを見る=いい人いないか探している(彼女が欲しいと感じる)

 

上記の流れを組んでるサラリーマンの男性が圧倒的に多いです。

 

これが、お休み中のど真ん中にいいねを送るとタイミングが合わない事があります。

 

理由は、休みが週休2日だからです。

 

なので、週末は「寝てるサラリーマンの男性」や前もってスケジュールを組み「遊びに行ってるサラリーマンの男性」が多いです。

 

当然、そんな時にアプリ内にメッセージを入れても「期待通りの返信がこない」という予想はできるはずです。

 

当たり前の話ですが、「暇な時」と比べて「アプリに対しての熱」が違ったりします。

 

簡単に言えば、せっかくの休みで遊んでる最中、「アプリの返信に時間をかけたく無い」と考える男性が多いため「返信が、かなりあっさりしている。」と言う表現がわかりやすいでしょうか。

 

そんな時に、こちらからいくら「熱のあるメッセージ」を送ってもお互いの距離は縮まらないですし、時間の無駄という事になります。

 

 

なので、「平日の夜はジャブを打ち」をして、「週末に向けて何か女性から行動を起こす」という感じにすれば効率が良くなるわけです。

 

毎日、忙しいサラリーマンの男性もそんなテクニックを使われると、「そこに癒しを求め始めるようになる」という事です。

 

何事も、戦略が必要だという事です。

 

恋愛の「諸葛亮孔明」になれという事です。

 

完璧な、「プロセス」と「戦略」があれば自分の気に入った男性へのマッチング率が上がり「他の女性よりも優位に立てる」という事です。

 

 

是非、サラリーマンの男性にアプローチをかける場合は「平日の夜の時間帯はメッセージやいいね」を送りジャブを打つ。

 

そして、「週末は、実際に行動する」(デートに誘ったり電話をしたりなど)という具合にトライしてみて下さい。

 

意外と、良い結果が出るはずです。

 

*******************

Omiaiの登録はこちらから⇓

 

彼女がいる人はスルーしてください