【2019年7月最新版】おすすめマッチングアプリ

 

ご覧いただきありがとうございます。

当サイトでは、11のマッチングアプリを紹介しています。

 

運営会社、登録・退会方法、料金、メリットデメリット、体験談など、実際に使ってみないと分からない具体的な内容を盛り込んでいます。

 

問題の多い出会い系とは異なり、真剣にパートナーを求める真面目な人が利用するマッチングアプリ。

なぜ今、マッチングアプリが普及しているのか。

 

インターネットやパソコン・スマホがない時代は、知人の紹介や合コン、飲み会など、人を介して直接会うことでパートナーを見つけていました。

つまり、容姿やファッションだけで第一印象が決まり、そこでダメならアウトです。どんなに性格が良くても、どんなに思いやりがある人でも、その先に進むことは至難の業でした。

 

今では、時間も場所も選ばず、人を介することもなく、マッチングアプリで異性と出会うことができます。

それはインターネットの中。

写真やプロフィールで相手を想像し、アプリ内でメッセージをやり取りしてから、互いに「会いたい」となるまで直接出会うことはありません。メッセージのやり取りで「ちがう」と感じたら、そこで終わっていいんです。

 

大手運営会社がしっかり監視していますから、万が一、卑猥な言葉や中傷されるようなことがあれば、通報することができます。

 

とは言っても、どのマッチングアプリを選べばいいか悩みますよね。

そこで、アプリ別に特徴をまとめましたので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

Omiai徹底分析はこちら

 

Pairs徹底分析はこちら

 

with徹底分析はこちら

 

タップル誕生徹底分析はこちら

 

ユーブライド徹底分析はこちら

 

マッチドットコム徹底分析はこちら

 

マリッシュ徹底分析はこちら

 

 

クロスミー徹底分析はこちら

 

ゼクシィ恋結び徹底分析はこちら

 

イヴイヴ徹底分析はこちら

 

 

ティンダー徹底分析はこちら

 

 

現代社会において「合コン」「飲み会」「知人の紹介」など周りとの接点から異性の出会いを求める人がかなり減ったと言われています。

 

その理由の1つが、「周りの目が気になったり気を使うのが疲れる」など様々な問題点がそこにはあったからです。

 

しかし、「自分のペース」で「気に入る相手」に「誰の目も気にせず」「ピンポイントでアプローチ」ができる「マッチングアプリ」と言うものが出たおかげてこれらが全て解決されたとまで言われています。

 

そんな、現代社会の中で、今の時代にあった出会いのスタイルがマッチングアプリです。

 

そんな、マッチングアプリは、世界中では既にスタンダードになっています。

 

少々、日本が遅れているくらいです。

 

ただ、遅れているとは言っても日本にも沢山のマッチングアプリが存在します。

 

ここでは、そんな「今の時代に合ったスタンダード化」した出会いのスタイル「マッチングアプリ」を激選してお伝えしていこうと思います。

 

勿論、実際に「有料」で使いそして「優良」なサイトだけを皆さにお伝えしていこうと考えています。

 

皆様の、出会うための何か足しにしてもらえれば幸いです。

 

【2019年令和最新版】Omiai(オミアイ)徹底分析

 

【2019年令和最新版】Pairs(ペアーズ)を徹底分析

 

【2019年令和最新版】with(ウィズ)を徹底分析

 

【2019年令和最新版】タップル誕生を徹底分析

 

【2019年令和最新版】youbride(ユーブライド)を徹底分析 婚活ならここ!

 

 

【2019年令和最新版】マッチドットコム徹底分析

 

 

【2019年令和最新版】marrish(マリッシュ)を徹底分析 バツイチにも優しい

 

 

【2019年令和最新版】CROSS ME(クロスミー )を徹底分析

 

 

【2019年令和最新版】ゼクシィ恋結びを徹底分析

 

 

【2019年令和最新版】イヴイヴを徹底分析

 

 

 

【2019年令和最新版】Tinder(ティンダー)を徹底分析